こんばんは。道坂七紀です。
2回めの更新となりました。作品を決めるのに一苦労してます。
30分以内のボイドラないかな?(おいこら)

本日は、健介さんの「痛みのオルゴヲル」です。


作品概要

両親の愛情を受けずに育った私には、他人を愛せない。
母は私を産み落としてまもなく育児を放棄し、父は仕事に忙殺された。
「死んでないだけ」の奈津と「生きてないだけ」の麻友は「いつもの場所」で互いの「痛み」を共有する。
人生のかけがえのない「瞬間」を鮮やかに描いた切なくも優しさに溢れた珠玉の物語。
                             (Podcast説明文より)

作品を聞いた感想
生きていることが嫌いになると人間と触れたくなくなる。
他人と話す勇気を持つことはとても難しい。でも、話す勇気を持つことができれば……

人間は理由なく話さないと孤立していく。孤立してしまうと、更に話しづらくなる。
話すことで人間は世界が広がっていく。また、孤立しなくなっていく。
でも、社会は冷たい。本当に冷たい。現実なんだ。
しかし、人間は愛することができる唯一の動物だ。

付き合う……交流する。第一印象は人間を判断する材料として9割になってしまいがちだが、
内面がいい人ってわからない。
否定することなんてほんとうに簡単。
理由をつけて論理的に否定することは難しいけど。
否定するだけの両親は、実社会でも問題として上がってきている。
自分のことは自分で決断する。それを許してくれることが如何に光栄なことか。
そして、いかに責任を負うことになるのか。

当たり前であることが当たり前でなくなる時……
物事は風化する。
これまで日本国内でも様々な事件や事故があった。
それを風化させないようにする人たちがいるからまだ風化していないのかもしれない。
多分メディアが取り上げなかったりしたらすぐに風化してしまってもおかしくない。

明るく生きていくって……ものすごく難しいこと。
本当に好きだから……
相手のことを思うから、自分が辛くなる。でもその辛さは絶対に無駄にならない辛さだ。
辛さ……心の痛みを持っている理由はなんですか?
……そして、あなたが生きている理由はなんですか?
答えは一人ひとり違うはず。作品にだって答えは出てきていないのだから。

個人的おすすめ度
(5/5)
理由:社会的なことや、自分がここにいる理由、批判的なことを混ぜつつ、一人ひとりで考えさせてくれる作品だった。

作品サイト
Podcastはこちらから!
Youtubeはこちらから。


追伸:週3回に減らすべきかいきなり考えています。
今のまま毎日続けるとなると、長時間のボイドラがどうしても後回しになってしまうことがわかったためです。
そこで、皆さんの意見を募集します。コメントフォームやツイッター、お問い合わせから
お送りいただければありがたいです。お待ちしております。
追伸2:pixivがネット上で“同人音楽即売会”を開催を開催するらしいです。
詳しくは公式サイトで。
追伸3:解釈に答えがない作品は感想を書くのも本当に難しく感じる。
感想っぽく見せながらこれから聴く人に対しても考えてもらいたいから。