こんばんは。道坂七紀です。今日は16日目。書き始めたの23:46。

さて、今日はボイスドラマと学生という話を書こうと思いまして、学生の間だからできるボイスドラマって何かあるかな?って話です。自分は今大学生なのですが、大学生なだけあって、時間はそれなりにあるんですね。まあ、社会人よりは。その時間を上手く使って、自分もボイスドラマにどっぷり浸かっているわけですが、周りにこんな話が出来る人がまず居ない。(結構苦しいです)なのにもかかわらず作るのはものすごく大変。聴くのも地味に大変だったりします。(聴くのが大変なのは自分がガッツリ聞いているからかもですが)なんか最近は声優志望の方も結構多く、でもそういう人たちってこっちの世界は知らないんだなーとか思ってしまったりもするんですね。正直な話、ボイスドラマで演じるのもそうですし、ミックスするのも、考えてみるとプロとやっていることは一切替わらなくて、すごい練習になりそうな気もするのですが、そういうわけにもいかないようで。なんかもっとボイドラの世界が知られるようになれば、声優志望の界隈の皆さんにもアプローチ……できないですかね。ちょっとあそこの溝大きすぎますからね。

さて、明日はもっと具体的に学生が作るボイスドラマについてもっともっと深く掘り込んでみたいと思います。
あと、子供がアフレコ体験とかするのもいいんじゃないかな?とかとも思ったりもしていて、そんな話もかければと思います。

今日はミックスをしてた。知らぬ間に数時間経ってた。……ではまた明日!