こんばんは。道坂七紀です。12日目、今日で折り返し地点ですね。これだけ書いてるとネタがなくなってきたので、ソフトウェアに関して、なんとなくボイスドラマと絡めながら何日かお話できればと思っています。

今日はAdobeのススメというタイトルにしたのですが、何故このタイトルにしたのか。Adobeのソフトをボイスドラマ関係の皆さんは使っていたりするのかなと思いまして、少しこんなところお勧めですよっていう内容を書こうと思いました。

さて、Adobeのソフトといって、最初に思いつくのは大体の人はPhotoshopではないでしょうか?今であれば月額1000円ぐらいで使えるので使いたいという人は何かといいのかなと思ったりもしています。ですが、もちろんAdobeのソフトはPhotoshopだけではありません。色々と軽く紹介してみようかなと。
まずはIllustrator。イラストを書く人は使っている人がいるのかな?と思ったりしているのですが、Illustratorでデザインをして、CDジャケット作ったりとか色々と実は使えたりもします。Photoshopでもできるので使い心地で決めたりする部分かもしれませんね。
次にInDesign。本を作るのに使うソフトです。同人誌作るのにも結構使えるので、便利だったりします。コピー本作るのにもいいかもですね。ボイドラで使うかわかりませんが。
PremiereとAfterEffects。動画作るのにすごくお世話になるソフトです。割愛。

……本題に入りたいと思います。
Adobe Audition。ボイスドラマを作る皆さんにおすすめしたい。正直な話、これだけはおすすめしたいと思っていたので、今日紹介させていただきます。
何故これがおすすめか。はっきり言ってこれは普通の波形編集ソフトです。じゃあ意味無いじゃん。普通に使っていればそれで終わりなのですが……
一つものすごく使えるものがあって、それは、「ノイズリダクション」です。特に、「適応ノイズリダクション」が非常に使えます。なぜなら、ノイズリダクションをするときに、どうしても音声がこもってしまう事が多い中で、これを使うと、ほとんど音がこもらずに、それなのにもかかわらずノイズがかなり綺麗に取れます。なので、AdobeCCを契約している方や、CS6を持っている方は一度使ってみたらいかがでしょうか?

と、言うことで今日はソフトの話をさせていただきましたが、明日(今日)もします。と、言うことでお楽しみに!