こんばんは。道坂七紀です。今日はもう11日目、もうすぐ折り返し地点ですね。

さて、今日はボイドラ企画を立てる話をしたいと思います。数日前から予告していましたし。
ボイドラ企画を始めようとして今頑張っている関係で、正直他のことが疎かになっている感じが否めないのは事実です。
ボイドラ企画を立てるのにはまず気力がほんとうにいると作業をしていて感じます。数日中に公開できればいいのですが、難しそうになってきているので正直やばいです。
最初に必要な物は、企画案とシナリオ(台本)です。正直いって、自分は台本を書くのがそこまで得意ではないので時間がかかってしまう傾向があります。そこを超えれば、ホームページを作成して、企画を公開し、募集を始めるという流れになります。
ただ、ホームページの作成もやはり一苦労でして、何をかけばいいか最初はわからない!……ということで、情報をかき集めてはうまく取り込んでいく作業が必要になります。そこから、自分が使いやすいように直していけば今後はそれを使うことで非常に作業が楽になります。

人が集まってくれたとして、選考が必要になります。その選考台詞も考えないといけないのですが、それもまた大変。というのも、昨日お話したとおり、一言で伝えるって無理があると思うんです。だからそこをどう補完するかはすごく大事になってくるかと。ここで日々のボイドラ探訪が活きてくるのですが、役者さんの演技の傾向とかを過去作からあぶり出したりするともっと理解できるようになってくる。できるならやりたい……

台詞を録音してくれた音源が集まったらあとはミックスを残すのみ(イラストについては後述)ですが、ここは正直カネがかかる。バカにならない。凝れば凝るほどお金がかかってしまう感じがあります。自分も最近はミックスの仕事を結構こなさせていただいたりするのですが(作業終わってないのもあるからやらないといけない現実)、答えがなく、ミックスで表現できることもたくさんあるのでどうするかを真剣に考えられてしまうんですね。ここまで来るとかなりの労力が必要になってくるのですが、それでもやり続けるのがこの世界の人達なんだなーと最近思っていたりします。

絵師についてですが、自分はイラストは全くできないので他人にお願いするしか方法がありません。ただ、自分も絵師さんに必要以上の労力をかけたくないと思っていて、絵師さんに頼むのはキャラ立ち絵とジャケットイラスト1枚で十分かなと思っていたりします。イラストはかけなくてもそれなりにデザインは自分で勉強を始めているので、バナーとかは自力でイラストさえあれば作れますし、なんとかしていけるのかなと思ってます。他の人の負荷を減らす方向をどんどん考えていけたらと思っています。

今日も全然まとまらなかったのですが、一言でまとめると、自分で企画立ててほぼ全部回すのがかなりの労力がかかるということを身を持って体感しています。お手伝いやアドバイスしてくださる方がいましたら切実に求めてます。よろしくお願い致します。

さて、明日はAdobeのソフトについて話してみたいと思います。ボイドラ関係でもかなり役立つので……