こんばんは。道坂七紀です。いろいろ思っていることを自由に書く25日間、本日3日目です。

さて、本日は先日行われましたAPOLLOについてお話させていただこうと思います。
今回はじめて開催されましたネット同人音楽即売会ですが、音楽だけでなく、ボイスドラマも対象になることが判明してから(ジャンルとしても存在していた)数サークル登録をしていたようです。最大の魅力は並ばず視聴、すぐ購入。すぐダウンロードなので自分のペースでできるしすごく早いというこれまでになかった2つの良さを生み出していると思います。

ですが、ここにはセキュリティの問題が生じるということも同時に見えてしまったのも現実です。商品を発送するために住所本名等をとうろくしていましたが、それが見えてしまう事件が発生しました。検証の結果人為的ミスであることが確認され、ネットニュースでも話題に登りました。このようなことがあるため、確かに不安要素が拭い切れない点もあると思っています。

リアルの同人即売会では人と人とのつながりがあって、それが如実にボイスドラマ界隈では出てきているように思います。どうしてもボイスドラマは一人では作れないのでそのような形になっていくのでしょう。ですが、そこで身内臭が出ている点もあると思います。そのようなことを考えずに買えるのも非常に良いことだと僕は思っていて、両方あっていいと考えています。

今後はネット上での即売会も増えていったら更に面白くなっていくのではないかなと思う、手放しでは喜べませんが非常に運営的に考えるのもそうですしサークル的に考えるのにも良い指標になって、かなり価値があったと自分は思いました。pixivさんがこの状況で第2回を開く勇気があるかはわかりませんが(事実、今回の件で離れていった人も多かったので)、自分は期待をして待っていたいと思います。

なんかうまくまとめられませんでしたが今回思ったことを率直に書いてみました。明日は……何を書こうかまだ考えていません。書いて欲しいネタがあったらTwitterやら下のコメントやらに書いてもらえると嬉しいです。

それでは、また明日!