こんばんは。道坂七紀です。
日曜日は更新できずに申し訳ございませんでした。
Wikiの方を制作しまして、そちらの方でM3のボイドラサークルをまとめています。
そんな感じで最近1週間はものすごく忙しい感じでした。またこれから更新していけるように頑張ります。

本日は、ゆいつかさんの「鍵がない話し」です。


作品概要・あらすじ

鍵をなくした家族の話し
(作品サイトより)

作品を聞いた感想
頭4分BGMを入れていないのはどういう意図だったのだろうか?
家の鍵を忘れたところから話が始まっているが、全員が鍵を持っていないという話。
ほのぼのとした感じだけど笑わせるところがなく、作品としてはなんというか、聴いてて正直飽きてしまう感が否めなかった。これが少し笑えるところやにやけられるところがあるだけですごく変わってきそうな感じがするからすごくもったいなく思う。
なにせ日常的ではあるが、まずこんなことは現実で起きたらすごく困るような内容でもある。役者にもう少し家に入れないという緊張感というか、絶望感というか、そういう喜怒哀楽があってくれたらなという気持ちにもなった。
作品自体、化けそうな感じもあって、この作者の今後の作品をまだあまり聞けていないのでまた聴いてみたいなとも思う。

個人的おすすめ度
(2/5)
理由:この作品自体は少し飽きてしまう感が否めなかった。すごくもったいなく、残念に感じる。

作品サイト
作品サイトはこちらから。


M3でボイドラのCDを購入して、ここで色々書くのも非常にありだと思っています。後、wikiに広告入れるのもいいのかなーとか思っていたりもします。