こんばんは。道坂七紀です。
3日坊主超えたぞ!

本日は、Sous le Paulowniaさんの「きつねのよめいり」です。


作品概要・あらすじ

遠い遠いいつかどこか。人と人でないものとが共に暮らす世界のこと。山の麓に住まう少女じゅじゅは、去年の暮に祖母のしゃしゃから「雨紡ぎ」の仕事を引き継いだばかり。そんな彼女の元を、山主の息子こころうが訪れます。必死に頼み込んでくるこころうの願いを叶えるべく、じゅじゅはとても難しい「銀雨」を降らせる仕事に臨むことになります。果たして二人は、無事日没までに「銀雨」を降らせることが出来るのでしょうか――……

作品を聞いた感想
いわゆる和風もの。人間同士のあたたかみを感じられる作品になっています。
導入部分でしっかり説明をしているのですが、説明臭くならないようにも配慮されているのもいいところだと思います。

主に、「じゅじゅ」と「こころう」の2人の掛け合いで構成されているのですが、そこに銀雨を降らせるために必要な道具を調達するために行った先の店主が絡んできて、人間関係をわかりやすくも心理を働かせるような方向に向かわせています。
リスナーを楽しませるドラマでのお決まり事もあり、にやっと出来るのもいいところです。
ただ、それなりに聴いている人だと先の展開が読めてしまうことがあったので、そういうのが嫌いな人には合わないかもしれません。

音を贅沢に使った作品でもあると思います。この作品がサウンドドラマと言っている理由もここにあるかもしれませんが、効果音だけでほぼすべての情景が浮かぶぐらいに考えられていて、編集の細かさをいつも以上に感じることが出来ました。

ただ後日譚では……まためんどくさいことになっているようです。ぜひ聴いて確かめてください。

個人的おすすめ度
(5/5)
理由:始めて聴く方にぜひ聴いてもらいたい作品。建てたフラグをしっかりすべて回収しつつ、気持ちをホッコリさせてくれるので、変な後残りがなかった。気持ちが落ち込んでいる時にもすごくオススメです。

作品サイト
Podcastはこちらから!
作品サイトはこちらから。


本日9/12の深夜1時より、あおはるさんのぼくらのすてきなじかんのすごしかた
掛け合い企画「Let’s Playing!」の第2回放送があります。個人的にいつも聴いているラジオなのでここで宣伝しておきます。宣伝乙。

明日は何にしようかな……ネタ切れしそうでいつも心配になってます。